愛犬も完治した「犬の皮膚にブツブツが!」その症状は膿皮症かも

犬の病気のお話
スポンサーリンク

「愛犬の皮膚にブツブツが!」その皮膚炎は膿皮症かも?

薬用シャンプーや薬も必要ですが今までとは違うアプローチのやり方をお伝えします。

飼い主でも簡単に出来ちゃう。

「体の内面から病気に強くなる体を目指す為の食材」「犬の体に負担のない自然由来のハーブ」を使う方法を知りたくないですか?

スーパーでも簡単に手に入る食材を使いますよ。

皮膚のブツブツの原因は?膿皮症って何?動物病院での一般的な治療とは?

まきこ先生
まきこ先生

飼い犬の肌を触ると何か手に当たる。

皮膚にブツブツがある。

何か変な臭いがする。

こんな経験はありませんか?

私にはあります。

愛犬の体臭が変な事が一番最初の違和感でした。

膿の臭いというのか?皮膚炎の臭いというのか?なかなか言葉では説明しにくいのですが。

普段ではしない臭いが犬の体からしてきました。

とゆうことで本日は「膿皮症」についてお話します。

【この記事を読むとこんな悩みが解決出来ます】

・膿皮症とは?を理解しましょう。

・薬用シャンプーの種類とやり方が学べます。

・免疫力を上げて病気に打ち勝つ食材と与える量が分かります。

・自然の力を借りて抗菌薬を使いたくない方には必見です。

膿皮症とは?膿皮症のケアをどう行っていくかを考えます。

愛犬の皮膚に出来たブツブツで比較的多い病名は「膿皮症」です。

「細菌性皮膚炎」とも言われます。

もちろん動物病院へ行って診断をきちんと受ける必要があります。

が「今現実に愛犬の皮膚にブツブツ」が出来てパニックになっているあなた。

とりあえず安心して下さい。比較的多くのワンちゃんに起こる病気です。

命に関わるわけではありませんよ。

動物病院へ行けば獣医さんからきちんと説明があるはずですが一応ご説明をしておきます。

【膿皮症とは?

犬の皮膚に普通に住んでいるブドウ球菌が何かの問題が起こり異常に増殖してしまう病気です。

代表的な症状は

  1. ニキビのように化膿したできもの。
  2. かさぶたのようなブツブツやガサガサした皮膚。
  3. ただれてグジグジした皮膚の状態。

一般的な動物病院での治療

・投薬/セフェム系抗生物質を処方される事が多い。

・薬用シャンプー/殺菌力の強いシャンプーでシャンプーをするように指示される。

・皮膚炎の範囲が狭いと塗り薬だけの場合もある。

まきこ先生
まきこ先生

私の愛犬が膿皮症と診断された時にはまさしく投薬シャンプーを処方されました。

もちろん完治しました。

病院から頂いた薬は全て飲まないといけないのです

が、悪い飼い主ですので何日か飲んでやめました(笑)

その代わりシャンプーは何度か行いました。

その後も何回か再発しましたがシャンプーを1回すればすぐに治っていました。

愛犬の場合はそもそも皮膚が弱かったのだと思います。

ひどくなければ私の愛犬と同じような感じですぐに治ってしまう病気です。

「膿皮症ってうつるの?」のお答え

結論を言えば「うつりません。」犬同士はうつりませんし人間にもうつりません。

愛犬の毛が治っていく段階ではげてしまう事がありますが問題なくまた毛は生えてきます。

膿皮症のケアの具体的なやり方

・皮膚にいる菌を殺す。

皮膚で原因菌を増えにくくする。

ここまでは動物病院での治療法ですね。

飼い主としては今後の事も考えていかなくてはなりません。

皮膚病になりにくい強い体を作る事は愛犬を病気から守るという意味でもとても大切な事となります。

膿皮症に負けないぞ!体の免疫力を上げていこう!

免疫力を上げる方法はこれだ!

  1. 腸内の善玉菌を増やす
  2. 腸内環境が整う
  3. 体の免疫力を高める
  4. 膿皮症などの皮膚疾患に負けない体ができる
  5. 病気に負けない体ができると膿皮症になりにくい

ヨーグルトを与えてみよう!

ワンちゃんもヨーグルトを食べる事で善玉菌が増えると言われています。

善玉菌を増やす目的は上記に書いた通りです。

まきこ先生
まきこ先生

私もほぼ毎日ヨーグルトを食べています。

私の場合はカルシウムを補う為でもありますがヨーグルトには沢山の良い効果がある事はご存知の通りです。

見習いドッグトレーナーのりこさん
見習いドッグトレーナーのりこさん

ワンちゃんには与え過ぎないようにして下さいね。

犬用のヨーグルトもありますが人間用で構いません。

人間用を使うなら低脂肪や無脂肪で味のついていない物を選んで下さい。

【与える量について】

1回で小さじ2杯程度です。

犬の大きさや体重で変わりますが沢山食べれば良いという物ではありません。

注意)

アレルギー体質の犬にはご注意下さい。

牛乳やヨーグルトの中に入っている乳糖に弱い体質の犬がいます。

与えた後の犬の様子や便の様子をよく確認下さい。

下痢や嘔吐をする場合はただちに食べさせるのを止めて下さい。

サプリメント/マイトマックスの力をかりてみよう!

ヨーグルトを食べさせるより簡単なサプリメントもございます。

このマイトマックスは動物病院でも選ばれている信頼が出来る商品です。

有名な乳酸菌やビフィズス菌とは違うペディオコッカス菌が使われていて生きたまま腸へと到達する事が確認されています。

サプリメントで善玉菌を増やし悪玉菌に負けない体作りを目指しましょう!

ちなみにサプリメント以外にもおやつタイプで食べる事が出来る商品も出ています。

おやつやガムで健康な腸になれるなら一石二鳥ですね。

マヌカハニーの力もあなどれません

まきこ先生
まきこ先生

実は私も時々愛用しております。

舌に出来た口内炎にマヌカハニーを塗ると次の日には治っています。

あくまでも私個人の感想ですよ。

自然界の中では超強力パワーの殺菌力を持つ「マヌカハニー」

マヌカハニーはニュージーランドにだけ自生する「マヌカ」と呼ばれる花から採られたはちみつです。

30年ほど前からニュージーランドでは「医薬品」のように特別扱いされているんです。

私が調べた結果では海外においては犬の気管支炎などに使われる事があるようです。

日本は人間や犬や猫でも自然の力を借りて治す!という事はあまりないように思いますが海外では一般的だと私は思っています。

日本はしっかりとした保険制度があるので病院へ行く事が当たり前ですから。

両方の良い所を選んで上手く使いこなせるようになれば良いですね。

マヌカの殺菌効果が膿皮症に良い効果をもたらすという研究結果もあります。

繰り返し症状が表れるワンちゃんには与えてみても良いかもしれません。

【与える量】小型犬/1日2回ティースプーン半分ぐらい

マヌカハニーの最大の欠点ははちみつにしては「高価格」です。

私も最初に調べ始めた時にビックリしました。

成分の濃いさによって値段は変わります。

私の家には1瓶がありますが簡単には無くならない気がします。

ここ何年も風邪なども引かず健康に冬を過ごしていますがもし風邪でもかかるのなら「マヌカハニー」の出番だと思っています。

味は少々変わった味です。

正直な話、想像していたはちみつよりは薬っぽい味です。

免疫力を上げる事では有名ですので人間も毎日食べても良いですよ。

「膿皮症」なら良質なタンパク質・油・ビタミンを取りましょう!

犬の栄養については詳しく書いた記事があるので読んでみて下さい。

「膿皮症」は皮膚のバリアが壊れた為に常在菌を受け入れてしまっている犬の皮膚側の問題もあります。

元気で正常な皮膚バリアを取り戻す為には「セラミド」という成分が必要です。

その為にはセラミドを作る材料である「良質なタンパク質」と皮膚の修復力を手助けする「必須脂肪酸」タンパク質と脂肪の働きを助ける「ビタミン膿皮症を改善するには必要な食事となります。

特に「膿皮症」に悩んでいる飼い主さんはこの辺りの栄養を考えて愛犬にご飯を食べさせて下さい。

毎日の食事は体を作る・修復する上ではとても重要な事だと認識して下さいね。

良質なタンパク質とは抗生物質やホルモン剤・栄養強化などを投与されていない牛や鶏肉の事を言います。

膿皮症専用のシャンプーを選ぼう!

動物病院へ行けばシャンプーを処方される事があります。

基本的には殺菌成分が入ったシャンプーとなっております。

代表的なシャンプーをご紹介しておきますね。

皮膚の症状に合わせて沢山の種類のシャンプーを出している「ビルバック」さん。

こちらも動物病院では必ず置いてあると言っても過言ではないぐらい有名なメーカーです。

問題があるなら少々お値段がお高い。

信頼信用のメーカーのシャンプーを使いたい飼い主さんにはお勧めです。

犬の臭いが特に気になるワンちゃんにも。

もちろん「フジタ製薬」さんも有名メーカーです。

安心してご使用下さい。こちらもシャンプーの種類は豊富です。

クロルヘキシジンというのが殺菌成分なんです。

そして何と言ってもお勧めポイントはエチダンの半額程度の価格に抑えられています。

膿皮症には良いシャンプーが低価格で使用できるのは助かります。

薬用シャンプーのやり方は以前の記事に書いてありますのでご覧ください。

シャンプー前にはクレンジングという新たな考え方

膿皮症やマラセチア皮膚炎で悩んでいる飼い主さん。

皮膚を「クレンジング」するという考え方が有効だと言われ始めています。

人間のクレンジングの効果と同じなのですがお化粧をした顔をいくら石鹼で洗ってもなかなかお化粧が取れないのと同じように皮脂の分泌が多かったり正常な皮膚にはなくても良い物が沢山付いているとせっかくの薬用シャンプーの成分が皮膚まで浸透しにくいと言われています。

薬用シャンプーの成分をしっかり発揮させる為にもあまりにもひどい皮膚炎の場合は薬用シャンプーの前にクレンジングをやってみて下さい。

クレンジング→シャンプー→保湿

これが皮膚を修復し正常な皮膚を保つ為の大きなポイントです。

薬用シャンプーが出来ない時はイソジンやハーブの力をかりてみよう!

まきこ先生
まきこ先生

誰にだって忙しい時はあるものです。

シャンプーが出来ない時はこんな方法もありますよ。

消毒用イソジンで患部を拭く

うがい薬のイソジンではなく消毒用のイソジンです。

薬局でお間違いのないようにして下さい。

手術の前の消毒や傷口の消毒にも使います。

もちろん色はあの茶色というか濃い黄色の液体です。

やり方:アイスティーぐらいの色にぬるま湯か水で薄めてガーゼを浸して患部を拭く。

以上です。犬をその後洗ったりする必要はありません。

お勧めのハーブはカレンデュラかラベンダー

ハーブの力でゆっくりと患部を修復し正常に戻す方法もあります。

ハーブは沢山の種類があるのですが有名で分かりやすいハーブを2つ選んでみました。

カレンデュラはマリーゴールドです。

オイルもありますし乾燥ハーブとしても売られています。

ラベンダーは言わずと知れた有名なハーブです。

【カレンデュラ】

湿疹などで損傷した皮膚の回復をはかります。

ラベンダー】

傷口から菌や真菌の侵入を防ぎます。

強い殺菌・抗菌作用があると言われています。

まきこ先生
まきこ先生

ちなみに私はニキビが出来るとラベンダーの製油を直接ニキビに付けます。

2~3日で治ります。

私個人的な使用方法です。

ハーブは湿布やリンスとして使います。

お茶を煮出すようにハーブを煮出します。

お茶を冷ましてからガーゼを浸して患部に付けます。

リンスのように体に直接かけて頂いても構いません。

注意)ハーブの色が毛に着く事があります。アレルギー体質にご注意下さい。

【今回のまとめ】

「膿皮症」についてのお話から最後はハーブの話となりましたが多くのワンちゃんは動物病院へ行けばきちんと治る病気です。

ぜひ早めに受診する事をお勧めします。

最後に保湿剤だけご紹介しておきます。

リンスではなく肌の保湿剤です。

私の愛犬がもし「膿皮症」になったら「良質な食事」を心がけクレンジングと保湿を心がけます。

とくにセラミドが配合された保湿剤

これは絶対にやります。

投薬やシャンプーでも治らなければカレンデュラでオイルを作り患部に塗り込む事もするでしょう。

抗生物質は確かに早く効きますが決して絶対ではありません。

これは自分自身の経験に基づいての考え方となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました