大人に学ぶ!秋はギョウザと忍者修行の甲賀市の日帰り旅ブログ

犬とは関係ないお話
スポンサーリンク

今回の関西発「日帰り旅」は忍者発祥の地「甲賀の里」を中心に三重県津市でも何故かフランスの雰囲気を感じる事が出来る「ルーブル彫刻美術館」。

見て遊んで体験できる「忍術村」での忍者修行。津市のご当地グルメの「津ギョウザ」の感想や家へ帰ってからのお土産を広げての晩御飯。

一日の旅をビールを飲みながら振り返ります。

ルーブル彫刻美術館・忍術村・甲賀流忍者施設(2020/07/05オープン)

【お勧めの今回の旅の楽しみ方】

・人込みを避けつつ関西からの日帰り旅を楽しむ。

・地元グルメを美味しく頂く。

・忍者になりきり忍者修行をする。

・晩御飯を食べる時間には帰宅できる為にビールを飲みながら家でも地元グルメを楽しむ。

たまねぎ1号
たまねぎ1号

車で朝の7時に自宅を出発。あいにくの雨模様でしたが旅は決行。

たまねぎ2号
たまねぎ2号

旅の最初の目的は「何故そんな所にルーブル美術館の彫刻だけを集めた美術館があるの?」という疑問を抱きつつ「ルーブル彫刻美術館」へ。

ルーブル彫刻美術館の見所・所要時間

車で行くと美術館へ入って行く道が少々分かりにくいので迷わないようにしっかりナビを確認しながら進んで下さい。

美術館へ続く道まで行くと大きな彫刻が目に入るので美術館はすぐに分かります。その奥には黄金大観音がそびえ立っております。

道路の案内看板は黄金大観音への案内がありますが同じ場所ですので美術館の案内ではないですがその案内に従って進んで下さい。

ミロのヴィーナス

入館料は1400円。facebookのクーポンを保存すると200円の割引があり更にボールペンを頂きました。

写真は撮り放題ですのでお好きな彫刻の前でインスタ映えをする写真を撮る事も可能です。

サモトラケのニケ

教科書で必ず習う「ハンムラビ法典碑」や「ナポレオンのデスマスク」なども見る事が出来ます。

本物から直接型を取って完全に復刻された彫刻が凄い量並んでいました。

観光客は私達だけで貸し切り状態でしたが私達の帰る頃にはお客様が何組か入って来られました。

正直な所、彫刻には何の興味もなくよく分からなかったのですが美術品を見る事への感動はありますのでご興味のある方は行ってみて下さい。

施設は1階と地下1階のこじんまりとした美術館です。

多くの美術館は広くて疲れますがそんな感じではありませんので安心して気軽に立ち寄る事が出来ます。

ルーブル彫刻美術館‥所要時間は約1時間。充分満喫できます。/私達は45分程でした。

たまねぎ1号
たまねぎ1号

正直な所「なんでここにルーブルの彫刻だけを集めた?」と思いましたがその疑問については解決していません(笑)

たまねぎ2号
たまねぎ2号

彫刻が作られる過程などを展示してもらえるともう少し楽しめるのに少々残念です。

ランチは三重県津市のご当地グルメ「津ギョウザ」を頂きました

津ギョウザ

「津ギョウザ」とは?

給食発祥のご当地グルメで「津ギョウザ」の定義は直径15センチの皮を使った揚げギョウザという事だそうです。

一般的な家庭のギョウザよりはかなり大きく皮は厚め。揚げてあるのでパリパリの食感と餡の味が絶妙でとっても美味しかったです。

自宅では焼きギョウザは焼いても揚げギョウザはなかなかハードルが高いかなぁと思うのでぜひご賞味下さい。

甲賀流忍者施設・忍者発祥の地「忍術村」

たまねぎ1号
たまねぎ1号

甲賀流忍者施設は正直コンセプトがよく分からず「?」な施設です。

プレオープンということで何も出来ず「う~ん。残念。」かな(笑)

甲賀流忍者施設です。何かと体験できるようです。
たまねぎ1号
たまねぎ1号

いよいよ忍者修行の場所「忍術村」へ。残念ながら雨は止まずでしたが修行は決行。

【準備していった方が良い物】

雨の時は上下カッパ/汚れても良い靴/軍手/汚れ物を入れる袋

晴れの時は滑りにくい靴/軍手/汚れても良い服

忍者のテーマパーク「甲賀の里忍術村」入村料金は1100円/イオンカード提示で100円オフとなります。オンラインチケットもあるようです。要チェック。

本物のからくり屋敷に入れたり甲賀忍術博物館にも入れます。忍者になれる貸衣装もありますので忍者になりきりたい方はこちらもどうぞ。

忍者修行は館内にある9つ修行場を回ります。これはなんと予約もせずに好きなように修行が行えます。

この日は雨でしたのでほぼ貸し切り状態でした。

たまねぎ1号手裏剣修行中

手裏剣道場だけは別途300円が必要ですが楽しかったのでぜひやってみて下さい。

たまねぎ1号のカッパには帽子が付いていなかったのでタオルを頭からかぶっています。

塀横歩き中。ちょっと必死(笑)

ちなみに9つの忍者修行は

  • 石垣登り
  • 塀越え
  • 塀横歩き
  • 壁づたい
  • 綱渡り
  • 坂道上り
  • 一本渡り
  • 井戸抜け
  • 水蜘蛛

絶対に無理と思ったのが「水蜘蛛」

池の上に浮き輪状の物が2つ浮いていて浮き輪の中に両足を乗せて水の上を進みます。ですが既に片足先を浮き輪に入れた時点で水に沈む‥。

このまま足を入れると間違いなくそのまま池に沈んでいく感じです。これを出来た人は忍者になれるはずです。

「一本渡り」にも挑戦してみましたが丸太の上を歩くのは私には無理でした。子供は出来るかな?

「綱渡り」は足が上がらず「壁づたい」は横に進めずに断念。

たまねぎ2号
たまねぎ2号

何やったらできんねん。

たまねぎ3号
たまねぎ3号

・・・。

皆さんはぜひ色々挑戦してみて下さい。私は出来なかった修行も多かったですが楽しかったのでどんくさくても楽しめます。

たまねぎ1号
たまねぎ1号

ここもとても良い楽しい施設なのにもう少し変えればもっと人気が出るはずです。少々残念です。

道の駅「津かわげ」によって晩御飯を購入

晩御飯もギョウザです

道の駅「津かわげ」には「津ギョウザドッグ」がありおやつに食べてみました。

ギョウザは美味しいですがなぜパンに挟んだ?って感じです。

ご当地にしかない食べ物ですので気になる方はご賞味下さい。

「津かわげ」には色んな食材があり海鮮や肉・パンや和菓子などお買い物は充実しています。

冷凍ギョウザを購入しましたが「保冷剤は置いていない」とレジの方に言われたので冷凍食品を買うなら保冷剤を持って行く事をお勧めします。

氷は1袋を無料で頂けます。

やっぱり揚げギョウザ

買って帰った冷凍ギョウザは揚げ焼きをお勧めしてありました。三重県は揚げギョウザが好きなのでしょうか?

早速ギョウザは揚げ焼きにしましたが家で作るのは少々難しかったです。青柳貝をお刺身で購入していたので一緒にビールと頂きました。

今回の日帰り旅の感想

雨でなければより良かったですが美術館は雨でも楽しめますし忍術村は準備をしていったのでさほどのストレスなく楽しめました。

津ギョウザも美味しかったですが施設が少々残念だったり津ギョウザ以外は少々残念な味だったりと行ってみたから・食べてみたから分かる事が沢山あってこれもまた旅の楽しさでした。

次回もまたどこかへ出没する予定です。行楽の秋!皆さんも気軽で晩御飯は家で食べられる日帰り旅を楽しんでみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました