種類が多すぎていつも戸惑うあなたへ上手なペットフードの選び方

我が家に犬がやってきた!
スポンサーリンク

仔犬の育て方に悩んだら必見!今回は仔犬のご飯についてお話します。

ご飯の量・回数・ふやかしについて徹底的に解説します。

安定しない仔犬の時期のお悩みは数知れず。

さぁ、一緒にお悩みを解決しましょう!


山名ママ
山名ママ

パパ、マロンちゃんのご飯が無くなってきたわ。

ご飯変えてもいいのかしら?

山名パパ
山名パパ

う~ん。どうなんだろう?

そもそもペットショップで勧められたご飯にしたけれどこれが良いのか分からないなー。


こんな会話をした記憶はありませんか?

そして、このお悩みは仔犬を初めて飼った方は必ず最初に当たるお悩みでもあります。

まきこ先生
まきこ先生

ドライフードの選び方・ご飯の量・回数・ふやかしはいつまで?

1つずつ考えていきましょう。

犬のプロに聞きたい「ドライフードのお勧めってありますか?」

この質問は実際によく聞かれます。

なぜ、よく聞かれるのか考えてみると明確なフードを選ぶ基準がない事・種類が多すぎる事などが原因ではないでしょうか?

正直な所、私が把握できないぐらいの種類の豊富さで何をお勧めしたらよいのか分かりません。

ですので、私はいつも「分かりません。」と答えます。

そもそもドライフードを使う事が絶対だとは思っていないので今後どうやって犬を育てていくつもりかで「犬の食事」も変わってきます。

ネット検索するとドライフードを与えるべきだ!あげないとアレルギーになる!と書かれているサイトもあれば、ドライフードを与えた為にこんな皮膚炎になった!

ドライフードはダメだと書かれているサイトもあり、益々、初めて仔犬を飼った方には「どっちが正しいのかよく分からない。」と感じられると思います。

ですので、何をどうやって選べば良いのか?のアドバイスを具体的にお話していきます。

総合栄養食の表示がある物を選ぼう!

ドライフードとお水だけでもきちんと仔犬を育てる事が出来るという意味でも総合栄養食の表示は大切です。

犬種に合った食事内容か確認しよう!

具体例として柴犬にラム系統の食事を与える事はお勧め致しません。

(アレルギーなどの場合は除きます)

ドライフード産業はここ近年非常に活発ですが一昔前までは人間の食べ残しや狩りをしてきた食べ物を犬は食べていました。

柴犬は日本が原産の犬です。

日本人は魚や米を食べる文化はありますが、ラム肉を主体とした食事はしておりません。

柴犬のドライフードを選ぶ時にはタンパク質は魚や鶏肉、炭水化物は米という昔ながらの日本人の食事内容の組成のドライフードを与える事の方がナチュラルではないでしょうか?

と私は思います。

原材料の一番最初はタンパク質が表示されている

犬はタンパク質を主体とした雑食の生き物と言われています

ですので肉ばかり食べる必要はなく炭水化物や野菜も少しは必要とし消化も出来ると言われています。

注意)ですが人間と同じように野菜をたくさん食べる必要はなく特に仔犬に沢山の野菜を与える必要はありません。

人間と犬とは生き物が違う!と認識してください。

一番最初に表示されているという事は一番たくさん使われている原材料です。

一番必要とするタンパク質が一番最初に表示されているフードは良いフードとし

て選んで頂いても大丈夫だと思います。

海外のメーカーを選ぼう!

以前なら間違いなくこれはドライフードを選ぶ基準の一つとして考えていました。

ですが最近は国内メーカーでも原材料にこだわり作り方や無添加にもこだわった良いメーカーさんも沢山あります。

ですので絶対に海外メーカーを選べ!というお話はしませんが有名なメーカーさんは海外の物が実際に多いのではないでしょうか?

価格が安すぎるフードは止めた方がいいです!

これは当然の話ですが原材料が安い物はフードの価格も安く設定されています。

(セールや何かの理由で安くなっている物は別です)

以前は1キロ千円の基準などと言われていましたが近年はもう少し値段の基準は上がっているかと思います。

オーガニックにこだわったフードがございます。

飼い主様のこだわりについて否定するわけではありませんが、オーガニックの食事を実際に犬に食べさせてあまり喜んで食べない場合は止める選択も必要です。

オーガニックだけに関わらず、あまり美味しくない食事を毎日食べさせると仔犬との信頼関係はなかなか築けず常にお腹を空かせる行為は決してお勧めは出来ません。

犬を飼う上で「5つの自由」の中にもきちんとしたご飯を適切にもらう自由が犬にはある!と書かれています。

以前書いた記事の中に「5つの自由」は載せてあります。

ご参考までにご覧ください。

ご飯の量が分からない時の実践方法

まずは、仔犬の体重に合わせてフードに書いてある量を与えて下さい。

ペットショップやブリーダーさんに言われた量は少なめの事が多いです。

ご飯がなくなってもお皿をなめまわす行為はご飯の量が足りていません。

太っては困る・大きくなっては困るなどで犬に適切な量を与えない行為は虐待にあたります。

仔犬は成長していくうえで沢山の栄養を必要としています。

太るなどはきちんと成長してからの問題だという認識をお持ち下さい。

フードに書いてある量はあくまで目安と考えて!

袋に書いてある量を与えているけれどお皿をなめまわす・体重が増えてこない・撫でたら背骨が当たるなどはやはり食事の量は足りていません。

足りてないからといって急に沢山の量を増やしてはいけません。

軟便や下痢の原因となります。

ですので少しずつ少しずつ増やしていきましょう。

多すぎたな?の目安は「うんちの量」です。

綺麗なうんちの形の後に少し軟便状のうんちが出たら少し軟便の部分が食べ過ぎた証拠です。

この場合はまた少し量を減らしながら様子をみましょう。

上記の目安を意識しながら少しずつ増やしていきます。

体重・骨格が安定する・太り始めたなどしっかり体を成長させてください。

犬は生き物です。ロボットではありません。

自分の五感で感じた印象を信じて仔犬を育ててあげて下さい。

私が接する飼い主様はみなさん真面目な方が多いです。

ペットショップなどで言われた通りのご飯の量しか与えていません。

それでは食事の量が足りていない事もあるのです。

ご飯は一日何回あげるの?

ご飯の回数は一日3~4回です

2回はダメです。

少なすぎますし2回食はまだ消化が成犬ほどはうまく出来ない仔犬には消化器官への負担が大きくなります。

2回の食事はお腹が空いている時間が長すぎます。

これは色々な問題に繋がります。

お腹がつねに空いている犬は食糞や拾い食いの問題行動を起こす事があります。

性格はイライラしがちで飼い主との信頼関係は築きにくいです。

成犬になっても3回食べる犬もいますが何の問題もありません。

成犬だらか2回とこだわる必要もどこにもありません。

いつまでふやかし続けるの?

まきこ先生
まきこ先生

そもそもどうして仔犬のご飯はふやかすのですか?のりこさん

見習いドッグトレーナーのりこさん
見習いドッグトレーナーのりこさん

そうですねー。消化がしやすい・飲み込みやすい・風味が良くなるからでしょうか?

まきこ先生
まきこ先生

素晴らしい答えです。

いよいよ見習いを卒業できそうですよ。


のりこさんが言ってくれた通りですね。

離乳食とドライフードの間の期間というイメージでしょうか。

ドライフードを使わずに缶詰を使う場合もあり缶詰を使う場合は少しずつドライ

フードを混ぜながら最後にはドライフードだけにしていく場合もあります。

生後2~3か月が移行期間です

個体によるのは間違いないですが生後2~3か月が移行期間です。

超小型犬や元々ご飯に興味のない仔犬はもっと長い期間ふやかさないといけない事もあります。

離乳食ぐらいの柔らかさから、少しずつお湯の量を減らす事・ふやかす時間を短くする事。

それから犬は食べ物は飲み込んで食べる生き物だと言われています。

もちろん、口を使ってカリカリいわせながら食べる犬も沢山いますがガツガツと食べてしまっても異常ではありません。

しかしながら小さな頃からしっかりした量と美味しいご飯をもらって食べ物への執着心が少ない犬は性格も穏やかな飼いやすい犬に成長していくようです。

繰り返しになりますが、しっかりした量・回数・美味しいご飯を与える事は仔犬を育てていく上でとても大切な事だと認識してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました