その悩みは簡単に解決!犬のサークルはどこに置く?

我が家に犬がやってきた!
スポンサーリンク

我が家に犬がやってきた!仔犬・サークル・ご飯の準備は順調です。

いよいよ仔犬をサークルの中へ。

楽しい犬との生活が始まりました。が、何かが気になる。

そもそも犬のサークルって家のどこに置いたらいいの?

お悩み件数上位の問題解決方法もご紹介します。

子犬のトイレ問題に悩んでいる方には必読です。

山名ママ
山名ママ

パパ、マロンちゃんのサークルってどこに置いたらいいのかしら?

本にはリビングって書いてあるけれど、リビングのどこ?

マロン
マロン

・・・。

山名パパ
山名パパ

う~ん。本には「リビングに置いて下さい。」しか書いてないよ。

アンちゃんとたくみ君
アンちゃんとたくみ君

・・・。

これを読めばこんな悩みが解決できます。

・子犬のサークルを置く場所が分かる。

・「リビングに子犬を出したら失敗してしまう。サークルから子犬を出してあげられない。」のお悩みが解決。

・「トイレトレーで寝てベッドで寝ている。」どうして?からの解決策が分かる。

そもそも「サークル」は必要なのか?

必要か?となると絶対必要な物ではないと思います。

実際に私の愛犬のサークルはありませんし、買うつもりもありませんでした。

我が家の場合は大型犬である事・家がせまい事・そもそも必要だと飼い主が思っていない事、という理由でサークルはございません。

仔犬の性格によってはサークルを使ってあげた方が良い場合があります。

それから、広い部屋に突然仔犬を離して飼ってしまうと生活範囲が広すぎて犬が落ち着きません。

サークルで仔犬の生活範囲を制限するという意味ではサークルを使って頂けたらと思います。

怖がりの犬はサークルに入る事が落ち着く場合があります。

そういった犬には上手にサークルを使ってあげて下さい。

解決編/サークルはリビングのどこに置く

まず、リビングに置く事は正解です

犬はそもそも群れで暮らす生き物です。

人間の家族は群れの仲間と認識しています。

群れの仲間が集まるリビングは仔犬にとって安心できる場所となります。

玄関や仔犬を一人ボッチにしてしまう部屋や場所は仔犬のサークルを置く場所には不向きです。

玄関や階段下などは家族の出入りが激しく犬が落ち着けません。

落ち着く安心できる場所を犬に提供する事は犬を飼う上では守らなければならない事だと決められています。

(動物福祉の基本理念5つの自由)

ちなみに、5つの福祉理念は

1、飢えと渇きからの自由(きちんと十分な食べ物と新鮮な水を与えられていますか)

2、不快からの自由(その動物にとって適切な環境下で飼われていますか、その環境は清潔を保たれていますか、安心できる休息場所が提供されていますか)

3、痛み、障害、病気からの自由(普段から健康管理・予防はしていますか、痛みや病気があった場合きちんと治療されていますか)

4、恐怖や抑圧からの自由(恐怖や不安や強いストレスはかかっていませんか、その状態になっていれば原因を確認し的確に対応されていますか)

5、正常な行動を表現する自由(動物が正常な行動を取れるように十分な空間・環境が与えられていますか、動物の習性を理解しそれを受け入れていますか)

サークルの話とは少し離れましたがこれは犬を飼う上で必要な考え方ですのでぜひ自分に当てはめつつ読んでみて下さい。

ちなみに、この5、正常な行動を表現する自由についてはぜひ今一度考えなければならない問題です。

犬の習性を理解しそれを受け入れる事を出来ていない方が多いと言われています

犬の問題行動の約6割は飼い主の考え方と行動を変える事で改善すると言われています。

噛む・吠える・引っ張る・拾い食い・トイレ問題…

犬の習性を理解する事は問題行動を改善するのに大いに役立ちます

サークルはリビングに置いて下さい。

テレビの横は音が大きく聞こえ安心できる場所ではないのでテレビの横以外の部屋の隅に設置して下さい。

実際のサークルにまつわるお悩み相談室

お悩みケース①どこでもオシッコをするので安心して仔犬をリビングに出せない。

「ペットショップでトイレトレーニングは出来ていると言われたのにいざリビングへ仔犬を出して遊んでいるとサークルのトイレへは帰らずにリビングのあっちこっちへオシッコをしてしまいます。

仔犬のトイレが気になって仔犬をサークルから出せずに困っています。」

まきこ先生
まきこ先生

この問題はやはり「犬のサークル」と関わってきます。


サークルの中ではトイレトレーで排泄出来るのにリビングへ出すとトイレトレーへ戻っては排泄しない。

これは犬の習性としては当たり前の話です。

そもそも、綺麗好きな犬寝る場所で排泄する事を嫌います

狭いサークルの中でトイレと寝る場所が隣同士な配置は最初から無理があります。

サークルの中での排泄は嫌々我慢してやっているにすぎず、サークルから出してもらえると嫌な場所へ戻って排泄は致しません。

リビングにはトイレは準備されていない、もしくは、リビングのトイレを覚えきれていない‥の結果リビングで失敗してしまう事となります。

解決方法!:まずは、サークルの中を見直しましょう。

寝る場所と排泄する場所は離して下さい。

サークルは寝る場所か、トイレの場所かどちらかに決めて下さい。

ご飯をあげる場所はトイレの場所から離れた場所であげてください。

サークルを寝る場所にした場合リビングに新たにトイレを作る必要がありいずれにしても今一度トイレトレーニングを行う必要があります。

お悩みケース②トイレトレーの上で寝ている。どうしてトイレで寝ているの?

「サークルの中のトイレトレーの上で寝て、ベッドにオシッコ。毎日ベットの洗濯でもう嫌。

最初はトイレトレーで排泄していたのにいつの間にか反対になっている。なんでベッドでおしっこするの?」

まきこ先生
まきこ先生

こちらもやはり「犬のサークル」問題に関わってきます。


こちらもやはり嫌々サークルの中で排泄をさせ続けた結果もはやサークルの中は何をする場所なのか分からなくなってきています。

こうなってしまうと一刻も早くトイレの場所と寝る場所を分ける必要があります

サークルに給水器を付けている方は止めて頂き寝る場所と排泄する場所更に飲んだり食べたりする場所は排泄場所から離して下さい。

トイレトレーニングをやり直す必要があり月齢が過ぎれば過ぎる程やり直しは困難になってきます。

解決方法!:今すぐにサークル内のトイレトレーとベッドを分けましょう。

どちらかを外に出し根本的に犬の生活スペースを見直します。

トイレと寝る場所をはっきり分けたら今一度トイレトレーニングをやり直します。

トイレトレーで排泄が出来たら褒めておやつを与えます。

広すぎるリビングに犬を出してしまうと排泄を失敗させる原因になります。

ある程度は部屋を区切りトイレがうまく出来るようになれば少しずつ仕切りを広くしていきましょう。

なぜこんな問題が多いのか?

についてはよく分からないのですがペットショップやブリーダーさんから教えられた事を飼い主さんは忠実に守っている結果だと思います。

日本では仔犬のしつけやサークルの使い方に関して統一された情報はなく未だに狭いサークルの中にトイレトレーとベッドを入れて仔犬を育てる事が正しいと認識されています。

私がパピークラスでお話をさせて頂ける飼い主様は限られた人数です。

飼い主様に一番最初にお話をする犬のプロの方の認識が変わり正しい知識を飼い主様側にお伝えして頂ければ仔犬のサークル問題は少しずつ減っていくと思っています。

講習会などが実施され正しい知識を正しく伝える事がもっと多くの場所で出来るようになれば良いと願っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました